メニュー

株式会社クレオ・バイオサイエンス

ご挨拶

 代表取締役社長   岡本 将

代表取締役社長

岡本 将

Tasuku Okamoto

わたしたちは、先進バイオテクノロジーを駆使したものづくりを通して、人々の安全で健康な暮らし創りに貢献したいと考えています。
当社が取り組むBody on a Chipの技術は、細胞工学と医学さらにはICTを融合させた未来型ヘルスケアへの道を拓くものです。私たちはこの技術をとおして、これまでに治療法の無かった難病や子供達の病気に対して、ひとりひとりに最適な治療薬の開発を目指します。そこから生まれる革新的な診断技術や治療薬を通して医療の発展に寄与したいと願っております。さらには、今後急速な普及拡大が見込まれるオーダーメイド医療において、新しい診断バイオマーカーと治療薬シーズの開発にも努めてまいります。
当社は、想像力に富み躍動感あるベンチャー企業を目指しています。冒険心とアントレプレナーシップも大切なエッセンスです。わたしたちは、人々の健康を守るために創意工夫することをモットーとして、成長してゆきます。
今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。  

  • 学歴

    筑波大学大学院修士課程 環境科学研究科修了 学術修士
    筑波大学大学院修士課程 経営システム科学研究科修了 経営学修士 MBA

  • 職務経歴

    1984年東レ株式会社入社、研究所で医薬品開発研究に従事の後、リウマチ薬や糖尿病薬の臨床開発に従事。その後医薬品医療機器事業管理部門に従事、R&Dから臨床開発、医療機器、事業管理まで幅広い経験をもつ。2007年より東大発ベンチャー(株)ProbeXの代表取締役を勤め、光分子イメージング法による創薬スクリーニング技術開発で成功経験をもつ。2013年クレオ・バイオサイエンスを創業。

JapanUnited States