1. Home>
  2. 事業情報
研究開発
先頭
ホーム
事業情報
研究開発活動
会社概要
ご挨拶
アクセス
My Body on a Chip事業
写真

My Body on a Chipバイオセンサーにより、臓器特有の生体反応の一部を身体の外に取り出して観察することが可能になります。この技術とICTを融合させ、これまでに解明されていない病気のメカニズム解析や予防・診断、さらにはオーダーメイド医療で個人に最適な治療法を提供するための診断技術として実用化を狙います。

さらにこの技術は広範囲での応用展開が考えられ、生体適合性の先端工業素材の開発や、動物試験に依存しない薬剤安全性評価法の開発、ヒトに特異性の高い化学物質安全性評価法の開発など、健康な生活創りに密着した実用化を進めます。

iPS細胞創薬事業
写真

My Body on a Chip技術を創薬・診断薬開発技術として磨き上げ、医薬品や診断バイオマーカー開発の革新技術として実用化を進めます。さらに、先進のエピゲノム創薬への応用を目指します。

新製品情報
● 微小3次元培養マイクロ流体デバイス:CEP3D
マイクロ流体技術を応用した、革新的iPS細胞・ES細胞の培養、分化誘導用デバイス。
少量の培地、サイトカイン、ホルモン、その他添加剤で、効率よく幹細胞の3次元培養を可能にします。
96well-plate型規格で、薬剤のハイスループット・スクリーニングにも応用できます。
自家蛍光を抑えた独自素材、既存の蛍光・発光プレートリーダーでの測定が可能です。
エンドトキシン・フリー、電子線滅菌済み、個包装
CEP3D